雨飾山

←ひとつ戻る


期日 11月5日(土)~11月6日(日)
メンバー CL・医療 大原/同格 水谷/SL 鈴木/食当 佐藤/装備 櫻庭/気象 宮越

11月5日(土)
8:06 内野駅出発。遅刻者なし。とりあえず順調だが、天気予報は雨。ちょっと残念。
11:19 糸魚川駅着。時間があるので駅の外に出て昼食を食べる。以前糸魚川に来たことのある宮越のオススメの店に行く。ブラック焼きそばが有名らしいので、ほとんどの人がそれを食べて口が真っ黒になる。イカ入りでおいしかった。
14:13 南小谷駅着。ここからバスで雨飾高原に向かう。大糸線に乗っているとき、電車に向かってカメラを構えた人をかなり見た。鉄オタかも。
15:05 雨飾高原着。バス代は810円。ここからキャンプ場までロード。バスがつくと同時に雨が降ってきた。タイミングが絶妙。
15:15 出発。
16:05 雨飾高原キャンプ場着。ついたときは少し人がいたが、すぐにいなくなってしまった。テントで泊まるのは自分たちだけのようだ。好きなところにテントを張っていいと言われたので、炊事場の目の前にテントを張る。気象通報には少し遅れてしまったが、テン場についた瞬間宮越が気象を聞き始めたので少しは天気図を取れた。
17:00 炊事。今日は新しい試みとして雑煮を食べる。主食が餅は初めてだ。味はめんつゆでつけて、具は肉と大根とにんじん。バターのにおいがするが結構おいしかった。時々なら山でやってもいいかもしれない。デザートはお汁粉。マタもちを入れる。寒くなったらお汁粉が美味い。
19:00 就寝。

11月6日(日)
3:30 起床。外は真っ暗。雨は意外と弱い。櫻庭はあんまり眠れなかった模様。朝ごはんの炊き込みご飯を食べる。
5:00 撤収完了。だが、外は真っ暗で出発できない。炊事場で待つことにする。雨が強くなってきた。
5:55 出発。少し暗いがヘッテンをつけて動き出す。雨はそこそこ。
6:35 一本。登りまでが結構ある。川の水が増えているが、危険を感じるほどではない。登りに入ってから歩いているサンショウウオを発見。かわいらしい。6:45発
7:50 荒菅沢。一本。それほど急ではない。雨は一時的にやんだ。途中、獣のうなり声のようなものが聞こえてきて、みんなでビビる。熊かも。少し早足で歩いた。荒菅沢は1mぐらいで簡単に渉れた。よっぽどひどい増水でない限り大丈夫だと思う。ここから山頂を眺める景色はすばらしい。ずっと見たいと思っていたのでかなりうれしい。8:05発
8:55 一本。なかなか急できつい。後ろからガスが昇ってきた。後ろから3人ほどやってきて抜かれた。9:05発
9:40 笹平通過。
10:05 雨飾山頂。かなり雨が強くなってきた。稜線に出る前に大きな木のはしごが二つあった。平地に水溜りが出来てなかなかスムーズに進めない。山頂はガスで何も見えなかった。10:25発
10:45 笹平通過。
11:25 一本。くだりに入る。登りより整備されていない印象。すぐ脇に小さな沢があるのも道が良くない原因かも。雨は強い。11:35発
11:45 中の池通過。夏にはモリアオガエルがいるらしい。
12:25 一本。結構急な道で、しかも雨で土がゆるいので結構苦戦。ガスで視界がないので現在位置が良く分からない。12:35発
13:25 一本。予定ではそろそろ着く予定だったが、まだまだかかりそう。途中、長いアルミ製のはしごがあったかなり滑りやすく、固定もロープだったのでかなり不安。かなりの急角度で降りているので、一年生は結構苦戦している。でももう少しなはず。13:35発
14:40 雨飾山荘。意外と時間がかかった。宿のそばの川は完全に茶色で荒れている。山荘の入り口に板を打ち付けていてやっていないのかとひやりとしたが、今日までの営業だったらしく、風呂には入れるとのこと。よかった。
 風呂は狭かったが。雨の中歩いて体が冷え切っていたのでとても気持ちよかった。一人500円で入れます。当初の予定では、ここからバス停まで歩く予定だったが、予定より時間がかかったし、雨の中歩きたくないのでタクシーで糸魚川駅まで行くことにする。ちなみに携帯は入らなかったので、宿の人にタクシーを呼んでもらった。衛星電話らしく、100円かかった。山荘から糸魚川駅までは40分ぐらい。タクシー二台で駅まで行ったので、タクシー代は13600円になった。
 糸魚川駅で時間が余ったので、中華料理店(名前忘れた)でごはんを食べた。雨飾プレートなる料理があったのでタイミングが良かった。ただ味は可もなく不可もなく。18:12に糸魚川を出て22:02内野に着いた。

反省
みんなくだりがきつかった。ずっと雨の中で、地面もゆるく、川の中をあるいてるみたいなところもあったのでい方がないかと思う。SLが今回初だったのに結構大変な山になってしまったが、キチンと最後まで先頭で歩きとおせたのはがんばったと思う。今年はあまり天気に恵まれていない気がするが、こんな年もあるので仕方ないと思う。コースタイムは、登りで20分オーバー、下りは1時間50分オーバーで予定よりもかなり時間がかかってしまった。ゆっくり目に立てたつもりだったが、あまり大雨になったときのことを考えてなかったかもしれないので以後注意したい。