はじめに

←ひとつ戻る


部活の説明

ワンダーフォーゲルとはドイツ語で渡り鳥を意味します。

新潟大学ワンダーフォーゲル部は、大学学友会に所属する登山部です。
「歩くこと」を信念にし、テントを宿としながら各地の山を歩き回ります。
基本的な活動は、平日のトレーニングと、週末の日帰り登山から、一泊二日~二泊三日のテント泊登山です。
ロッククライミングや沢登りは行っていません。
さらに長期休暇には日本アルプスなどに遠征して長期合宿を行います。

技術向上を目指して

登山だけではなく、山で快適・安全な時を過ごすには勉強も必要です。自炊の仕方、テントの張り方に始まり、
地図の見方、歩行技術、ロープワーク、気象知識、応急処置方法などを段階ごとに適宜みんなで学んでいきます。
なお、国や県の冬山技術講習会の参加を除いて、安全性、技術面を考えて厳冬期の登山は行っていません。

平日の活動時間

活動部会トレーニング
場所教養棟B352・大学会館など部室前集合
集合時間月曜18:00~火曜18:00~
木曜18:00~
内容勉強会、山行報告、山行予告など。ランニング・筋トレ、たまに球技など。場所は大学構内、五十嵐浜、コスポです。

ぜひ気軽にどうぞ。事前連絡は学友会誌に載っている連絡先までお願いします。事前連絡なしでも構いません。いつでも歓迎します!長期休暇中はトレーニング時間などが変更になります。

部室の場所

部室は工学部の近くの石の階段を下った所になります。部室棟の2階です。遠慮なく訪ねてきてください。Googleマップ

←画像クリックで拡大

登山の魅力

登山の魅力をちょっと紹介します。といっても、実のところ登山の魅力は「登ってみなければわからない」
というのが正直なところです。とにかく試しに生協や書店に行って、登山関係の本を読んでみてください。
早起きしてNHKの風景番組を見てみるのも良いです。

身近な所に

ネットの検索で「あなたの地元の山 登山」で検索してみると一番良いかもしれないです。
どうですか?名前しか知らなかった山、眺めたことしかなかった山は、登ってみると
こんな風になっているのです。
それでも、まだまだ伝わらないことは山ほどあります。ちょっとでも興味が湧いた方、一度登ってみませんか?

入部希望の方へ

入部を考えている方に知っておいてもらいたいことがあります。
まず、学年・時期にかかわらず私達はいつでも入部を歓迎します。いつでも説明会を開きますし、
勉強会やお試し登山を実施します。どうぞ気軽にお訪ねください。

体力と知識をつけよう ―リスク回避のために―

入部から最初の一年間は、出来るだけトレーニングや山行に参加してください。
はじめの一年間はとても大事です。
指導する技術を身につけるにはしっかりと体力をつけ、知識を増やし、
何より歩いて、山の中で覚えることが必要です。

最後に、登山は危険を伴います。私達は普段から危機回避のための知識・技術獲得や体力向上に
努めています。ですが、予想外の災害や体調不良に陥る可能性は無いとは言い切れません。

しかし、体力不足やミスから発生する事故は防ぐことが出来ます。
部員全員が事故防止の知識・技術・体力を培わなければ登山は成り立ちません。
そのため最低限のトレーニング、山行、勉強会、そして長期合宿の参加は、特別な事情がない限り必須としています。