年間スケジュール

←ひとつ戻る


4月


P4230046.jpg

新入生お試し登山(角田山)

新入生と一緒に新潟市の角田山に日帰りハイキングに行きます。
様々な山野草、山頂でお花見をしながら昼食、新潟市と日本海を一望できる展望など楽しみがいっぱい!
(写真は2016年度、角田山にて)


5月


ゴールデンウィーク山行

長い休みを利用して、普段は行けない遠くの山に登ります。
※上級ナンバーのみの山行です。安全を考えて新入生は参加できません。
(写真は07年度、女峰山の雲竜渓谷)


総会、新歓コンパ

総会では決算報告、部活規則の確認、装備点検などを行います。
当日の夜は新歓コンパです。先輩やOB、同期と色々語り合って楽しみましょう!


DSC_0440.jpg

新歓登山(二王子岳)

新入部員と一緒に新発田市の二王子岳にテントを使った一泊二日の登山に行きます。
登ったあとはバーベキューとキャンプファイヤーをして夜を明かします。
自然の魅力をたっぷり味わえます!
(写真は2016年度、二王子岳山頂にて)

春プレ合宿

新入生のための勉強会を、大学構内の合宿所で泊まりがけで行います。
新入生には自炊の仕方、テントの設営方法、読図、気象について説明します。
ここでの勉強を元に、実際山の中で徐々に覚えていってください。


6月



IMG_20160619_081138.jpg

春合宿(火打山)

新入部員にとっては初めての本格登山になります。二泊三日で妙高市の火打山で合宿をします。
ここで新入生には野外での自炊、テント設営、滑落停止訓練を実践してもらいます。
初めての本格登山で色々大変なことも多いですが、自分の足で登った山頂から眺める景色は最高ですよ!
(写真は2016年度、天狗の庭にて)


8月



浜コン

こちらは大学近くの五十嵐浜で行います。OBも駆けつけてくれます。 浜でバーベキュー&花火で夜通し騒ぎます。もちろん静かに語り合うも良し!

9月


DSCN2886.jpg

夏合宿

夏合宿は、長期休暇を利用して日本アルプスや谷川連峰などで4~5日程度の大縦走を行います。
大山脈が連なる圧倒的な景観と仲間と過ごした時間は一生の思い出!!
(写真は2015年度、北アルプス奥穂高岳)

10月~11月


DSC02071.jpg

秋山登山

10月からは山の趣もぐっと変わり、紅葉が始まります。
綺麗な紅葉、時には雪化粧をした山は地上から眺めるのとは一線を画した絶景です!
お楽しみ要素の強い、大散策が魅力の登山です。
(写真は2016年度、粟ヶ岳にて)


焼き芋会

大学の開校記念日に、五十嵐浜で焼き芋会を行います。
持ち物はサツマイモとライターだけ!あれこれ考えてゼロからたき火を起こす技術が
美味しく身に付きます。


総会、総会コンパ

11月に行います。

12月

※12月をもって、登山は翌年まで休止になります。


スキープレ合宿(勉強会)

スキープレ合宿は、春プレ合宿と同様、合宿所で泊まりがけで残雪合宿に向けて勉強します。
内容は医療、雪崩、気象、そして以前の事故から何を学べるか、登山の危険などについてです。
事故があったという事実を風化させないこと、登山の危険性を再認識するため、特に重要な合宿です。


スキー旅行

ワンゲルのスキーは山スキーではなく、単なる忘年旅行です。
年末に妙高山の麓でお世話になっているどんぐり荘に泊まって、毎日スキーを楽しみます。
思いっきり滑って、温泉に浸かって、お腹一杯食べて、一年の垢を流しましょう!

1月~2月


追いコン

1月は卒業生の追い出しコンパがあります。


P2190474.jpg

登山研修会

新潟県山岳協会と国で開催する登山研修会が2月にあります。

基本的に我が部では冬期の登山は行いません。しかし残雪合宿や春山では雪上を歩くことが多いので、
この時期にレベルの高い知識を得ること、雪上歩行に慣れておくことは、非常に大事です。(写真は2017年度、棚橋山にて)

3月


残雪偵察合宿(平標山)

上級ナンバーのみが、翌週の残雪合宿に向けて平標山の状況を偵察しに行きます。


DSCN0455_2017022818401598b.jpg

残雪合宿(平標山)

一年間の集大成の合宿を、残雪豊かな湯沢町の平標山で行います。
地上では春の息吹が聞こえてくる季節ですが、山はまだまだ雪深いです。
そのため、上級生は今までの技術を総動員して新入生を引率します。

新入生も覚えた知識を総動員して、上級生の技術を吸収してください。
秋、春山の降雪に備えて、また次年度に入ってくる新入生を指導する知識・技術を
身につける最重要の合宿です。
(写真は2014年度、平標山にて)


卒コン

卒業式の日に、お世話になった卒業生を感謝をこめて送り出します。
同時に次は自分が下級ナンバーを指導していく立場になります。