二王子岳 新歓登山

←ひとつ戻る


■山域
 二王子岳

■日程
 2013/05/25-2013/05/26

■メンバー
 CL:佐藤(拓) 同格:吉田 SL:石戸谷 食当:天野 装備:井上 医療:竹内 気象(医療):玉井 
 渉外:水谷、坂田、佐藤(諄)、宮越、遠藤(聖)、遠藤(未)、大野、菊地、嶋田、村井

■行動記録
 5/26(土)
5:00 車班西門集合。 佐藤carと坂田carで荷物を分ける。
5:26 電車班内野駅発。仲川さんがいない。必死に連絡を取ろうとするが取れない。
携帯の故障か、寝坊か、、、。とりあえず車班も新発田駅に向かう。
6:40 車班新発田駅西口着。駅前の駐車場は30分駐車無料。電車班の到着を待つ。
6:46 電車班新発田駅到着。この時点で仲川さんは寝坊だと分かり、今回は諦めるとのこと。
下越タクシーのジャンボと中型に荷物とともに乗り込む。
7:00 新発田駅発。天気がとても良い。良すぎる。
7:30 二王子神社到着。登山客がとても多く、駐車場もかなり混んでる。
車は神社からちょっと遠くの駐車場に停める。
    サブザック、地図コンパスの準備をして、準備体操をする。
8:15 予定より15分遅れて登山開始。登山口で写真撮る。医学部さんはまだテン場にいた。
8:33 休憩① 上着を脱ぐ。さっそく医学部さんに抜かれる。
8:35 出発 まだまだ全員元気。
8:40 一合目通過。まだ涼しい。天気が良い。
8:59 神子石通過。おじさん3人ぐらいが階段工事してた。みんな暑そう。
9:02 二合目通過。医学部さんを越す。
9:18 一王子神社到着 休憩② 医学部さんに越される。
暑いけどまだみんな元気。雪がかすかに残ってる。
9:29 出発
9:36 雪道に入る。とても暑い。日影が涼しい。
9:43 休憩③ スパッツをつける。ピッケルを出す。雪が汚い。
10:01 四合目通過。
10:16 独標到着。積雪はだいたい50センチくらい。真くんから三角点の説明が始まる。
虫が多い。暑い。まだみんな元気そう。
10:30 休憩④ 真くんとたまごんが現在地を協議してる。真くんの読図勉強会が始まる。
太陽頑張りすぎ、暑い。
10:41 出発 みんな元気。細い雪道で木の枝が横からグイグイくるとこを通る。
10:45 雪渓。景色が綺麗。佐渡、粟島が見える。写真を撮る。虫が多い。
11:10 六合目通過。
11:20 休憩⑤ 頂上のオレンジの小屋、油こぼしが見える。
11:32 出発
11:39 坂田、ソリ滑って両足をつる。5分止まる。
11:48 油こぼし突入。右側の道に迂回。坂田さんとても辛そう。暑い。
12:01 休憩⑥ この時点で坂田さんがこれ以上登るのは出来ないと判断。
同格吉田と医療玉井が残り、他のメンバーは進むことにする。
残った班は、少し休憩した後、先に降り始めるとのこと。
12:07 出発
12:35 山頂到着。景色がとても綺麗。飯豊連峰がくっきり見える。人が30人くらいいる。OBの人に会う。
全員で写真撮ろうしたらいろんな人に写真を撮られる。一緒に撮って欲しいとも言われる。
行動食のゼリーはクラッシュとかいうやつで評判がいい。真くんの読図勉強会。
13:10 頂上出発
13:52 六合目通過。
13:55 休憩⑦ 日差しが強い。暑い。
14:05 出発
14:30 独標通過 みんな元気、黙々と付いて行ってる。
14:40 四合目 休憩⑧ ゼリー食べる。美味しい。ピッケルしまう。
14:51 出発
15:12 三合目 途中で分かれた班と会う
15:15 休憩⑨ スパッツとる 
15:34 二合目通過
15:52 一合目通過
16:13 二王子神社到着

 予定では18時からだったお祓いを17時にしてもらう。
 テントを張る。竹内がフライの紐に足を引っ掛け転び手にハンマーを落とし、手を負傷。
 医学部さんと一緒に写真撮る。
 カレー作り。20時ごろ完成。もう真っ暗
 カレーおいしい。
 
 5/26(日)
6:00 起床。テント片づける。ペグを一本無くす。
7:15 二王子神社発。この日山開きということもあり、かなり混んでる。
7:30 あやめの湯到着。
9:00 休憩所で反省会。
11:00 解散。

■諸費用
 ・電車代(内野-新発田)…740×2=1480円 
 ・タクシー代(ジャンボ1、中型1) …新発田駅→二王子神社 6570+5000=11570円
                    二王子神社→あやめの湯 5870+4550=10420円
 ・お祓い代 …5000円
 ・テント代 …2000円

■反省・感想
  ・今回の山行はとても天気がよく、カッパの出番が一切無かった。
   逆に、雲一つない快晴だったため、雪場で日光の照り返しにより頭痛を発症する人が何人かいた。
   天気が良いと分かっていたため、帽子サングラスの準備を徹底させるべきだった。
  ・コースタイムは余裕を持たせ過ぎたのか2時間予定より行動時間が短かった。
  ・17人1パーティという大人数であったが、前と後ろが大きく離れることは無かった。
が、連絡が取りずらいことがあった。
   また、1パーティだったが、医療を2人にして対応をしやすくしたのは良かった。
  ・途中で3人を先に引きかえらせたのは、最善の判断だったと思うが、
もう少し早く判断をするべきだった。
  ・26日の朝、CLが片づけもせず寝てました。スイマセン。

■その他メンバー感想
  ・雪道に行くまでの体力消耗が少なかったのでよかった。
  ・雪道ののぼりがきつかった。
  ・晴れてよかった。
  ・正露丸を飲むタイミングが遅かった。
  ・景色が良かった。
  ・下りで転び過ぎた。
  ・日焼けが凄い。
  ・サブザックでも結構きつかった。
  ・帽子被ってたのに、頭痛でダウンした。
  ・とにかくきつかった。
  ・具合が悪いと医療に言ったが聞き入れてもらえなかった。
  ・体調管理は大事だと思った。
  ・今まで登った二王子で一番良かった。

■最後に
  本当にお疲れ様でした。