弥彦山(お試し登山)

←ひとつ戻る


■山域:弥彦山(新潟県弥彦村)

■日程:平成27年4月25日(土)

■メンバー:CL 平方/同格 小野寺/SL 菊池、石川/食当 水沼、天野/気象 玉井/医療 村井、井上/渉外 佐藤知可子、鈴木、佐藤拓海、石戸谷、阿部
 
■行動記録
4月25日(土) 快晴
7:04 新潟大学前駅発

7:07 内野駅発 各自最寄の駅に集合の後、出発。気持ちの良い快晴のため、期待が高まる。遅刻者は無し。

7:39  吉田駅着 通勤通学客で賑わう吉田駅で乗り換える。乗り換えまで車中でしばし談笑。

8:14 弥彦駅着 トイレや支度を済ませる。

8:40 弥彦神社着 弥彦神社でトイレ休憩、記念撮影を行う。神社のしきたりに詳しい部員の「参道の真ん中は歩かないほうが良い」との指摘に対し、ある部員曰く「俺、神」だから良いのだそう。

8:50 登山口着 トレーナーを中心に体操をする。ここから2パーティに別れるため、メンバーの発表。登山道修繕の為の丸太、砂利が置いてあり地元の方の勧めもあって、体力に自信のあるメンバーは運ぶことに。砂利、丸太選びに上級生がはしゃいでいた。

8:58 先行班出発 

9:05 後行班出発 やはり丸太選びに苦心。

9:25 休憩5分 ここで丸太を手放す。下では軽いと思ったが、さすがに担いで登ると応えた。しかし、ボランティアとは気持ちが良いものだ。

9:57 五合目で休憩10分 行動食のこんにゃくゼリーがふるまわれる。

10:16 里見の松にて休憩5分 暑さもあり、足取りが重くなる。口数が減ってきて、やがてTPPの話題になる。しかし、甘利大臣とフロマン代表のように結論が出るはずもなかった。「TPPとは難しい問題なのだなぁ。」

10:33 弥彦山山頂着(先行班) 

10:36 9合目で休憩10分 カタクリがとても綺麗に咲いていた。

10:55 山頂着(後行)休憩、記念撮影 「あれ、どちらからいらしたんですか?」と、おきまりの茶番を演じる。先行班と合流し、休憩。山頂は快晴、蒲原平野と大河津分水をよく見ることができた。4年の玉井が小学生男子とオタトークで盛り上がる。記念撮影の後、昼食休憩のため東屋へ全体で移動。途中、新大探検部とすれ違う。

11:30 土産屋でトイレ休憩 トイレ休憩の間に土産屋などを覗き、ソフトクリームをいただく。

11:40 東屋到着、調理開始 かわいい新入生のために、上級生が腕をふるう。昼食は棒ラーメン、ガスカートリッジの残量が少なく、思うような火力が出なかったが、冷たいラーメンを食べることは避けられた。ラーメンの量はちょうどよく、みんな満足な量を食べることができていたと思う。撤収は非常にスムーズだった。

13:05 東屋出発、土産屋でトイレ休憩 

14:30 前後両班ほぼ同時に登山口周辺に到着 山小屋のおばさん自慢の鉄瓶で淹れたコーヒーを、みんなでいただいた。温かく、とても美味しかったです。

14:45 弥彦神社着 トイレ等をすませ、弥彦駅を目指す。

13:15 弥彦駅着/発 弥彦線は登山客、観光客で混み合っていた。

16:08 内野駅着
16:12 新潟大学前駅着 夜の会食まで、一旦解散した。

18:00頃から新入生、上級生で一緒に兆治で食事をした。

■反省
・もっと一年生に気を使ってあげればよかった。
・出発の時盛り上がりすぎて、時間がかかってしまった。
・山頂近くでペースが上がってしまった。
・玉ねぎを買いすぎた。
・朝、体調を聞くことを忘れてしまった。
・初めての同格で段取りが悪かった。
■山の感想
・久しぶりで良い身体慣らしになった。
・小学生と謎のオタトークで盛り上がって楽しかった。
・お試しにはちょうど良かった。ラーメンの汁をたくさん飲まされた。
・ラーメンの”肉”が美味しかった。
・天気が良く気持ちよかった。楽しそうに登っていたので良かった。
・新入生と登れて良かった。また、1年生がいいペースで登れていたので嬉しかった。
・山行の途中、山小屋のおばさんを含めたくさんの人と交流ができ、とても楽しかった。
・天気が良く、とても気持ちよかった。