安全登山講習会 2017

←ひとつ戻る


4月27日(木)に、新潟県警山岳遭難救助隊 阿賀野警察署の方をお招きし、安全登山講習会を開催しました。


ワンダーフォーゲル部主催で、医学部ワンダーフォーゲル部、山岳部、探検部の計4つの部活が参加し、遭難する原因の6割を占める「道迷い」「転落滑落」を防ぐ方法を学びました。
以下、講習会の様子です。







読図の方法を学んでいます。






一通り講師の方に読図の方法を説明していただいた後、グループワークを行いました。
地図に「沢」「尾根」「ピーク」を書き入れ、道迷いや転落滑落をしそうな場所を探していきます。読図が出来ると、道迷いや転落滑落をしやすい場所が分かるそうです!事前に地図を見ておき、危険な箇所をピックアップしておくことが大事ですね。










その後、簡易ハーネスの作り方及び着用法、ロープ等を用いた転落滑落しないための方法、身近な道具(ビニール袋やサランラップなど)を使った応急処置の仕方などを実演していただきました。






今回の講習会で私たちは、グループワークや実演を通しての技術面を学んだだけでなく、事前準備を念入りにすることの大切さ・部員全員の安全の為なら少しの手間も惜しんではいけないことなど、心掛けの面でも本当に多くのことを学びました。


全員が楽しめる登山をするため、ワンダーフォーゲル部はこれからも安全を重視した登山を行っていきます。


今回お忙しい中講師としてお越しいただいた荻野さんに厚く御礼を申し上げます。