平標山 GW山行

←ひとつ戻る


■山域:三国峠(平標山~仙ノ倉山)
■日程:2017/5/5(金)~5/6(土)
■メンバー:◎CL 江部 ◎同格・医療 玉井 ◎SL 三浦 ◎気象 早乙女 ◎食当 関根 ◎装備 石川

■行動記録:

5/5 (金)
05:24 内野発。玉井さん、湯沢には縁が無いようだ。

05:48 新潟着。ちなみにこの時既に新潟から乗るはずのヤツがいる(女子)、石川さんと合流。

06:05 新潟発→長岡へ。山の話をしたり、朝ごはんを食べながら移動する、天気が良い。

07:35 長岡駅にて玉井さんと合流。さすがM2、新幹線を使うあたり財力がやはり違う。しかし遅刻は遅刻なので出会い頭に謝罪会見を開く。
・早乙女「白米おにぎり美味しい!」
・一同「ー」(なおCLはこの会話を覚えていない、てか会話あったんだ。)
戸狩野沢温泉行きの1両の気動車(つまりクハ)を見送る際、写真をパチり。

07:43 越後湯沢行の電車に乗る。
石川さん曰く今回から山頂でサプライズがあるらしい。
江部、ここで前日のバレーで突き指したことを告白、玉井さんに医療の処置を施してもらう。

09:15 湯沢着。玉井さん徹夜のためここまで爆睡、安定の口を開けてダークマターを吸い込みながら( ˘ω˘ ) スヤァ…

09:55 三国小バス停着。玉井さんは現金の持ち合わせがなく借りることに。三国小は廃校なのにとてもキレイ。少子化の現れというやつか…。

10:25 とりあえずSLのルートファインディングで登山口を探す。コテージを抜け恐らく登山口みたいな所まで来たがあるはずのポストがなく、PWを出すために江部と早乙女でポストを探しに行く。

10:50 なかなか戻ってこないので石川さんが探しに行く。その頃1キロ以上歩いてやっとPWをポストにぶち込む。帰りがけに石川さんと会う。

11:05 3人無事に帰還。

11:20 ザックアップ、予定より一時間遅れ。

11:57 ダム横の林道で休憩(体温・ウェア調整)
・関根「三浦氏が ザックを置きて カメムシ臭」
(季語なし、字余り、意味不明)
12:09 発。

12:29 林道分岐。水が気持ち良いので石川さんと江部、触る。石川さんのムービーカメラが水面と心地よい音をとる。看板の前で写真撮影。

12:53 1328m付近で休憩。青空良き、風涼し。
13:03 発。早乙女と玉井さんの話が休憩中から噛み合わない、実は仲悪いのかな()

13:58 休憩。1500m付近か。あと1本で山小屋かなぁ。今度は早乙女と石川さんのどっちが変かという話が盛り上がる。

14:10 発。
歩いている途中、元陸上部の3人から陸上部のあのユニフォームが辛いことを聞く。うん、辛いよね。
傾斜が急。雪も沢山あって辛い。

そして事件は起こった。


…江部


落シマシタ。
(逝ってはいない)

なんとか薮でストップして5mくらい落ちたので済んだ。「ファイトー、1発!」で玉井さんに助けて貰う。

14:45 山ノ家着。雪が無かったため1時間の遅れはそれなりにカバー出来た。おじさんにお金を払って、テントを立てる場所を教えて頂く。雪上幕営。早乙女は山ノ家の中で天気図を書く。

16:30 色々と手こずったがテント及び周辺の整備が終わる。土間を深く作り過ぎてもはや靴の履き替えは困難、むしろ落とし穴。

16:45 滑落停止訓練。

17:30 飯作り。江部と三浦さんで抹茶プリンを作る。それ以外は米とブラウンシチューを作る。

19:00 飯。うまい。お米が柔らかめとの事だがまったく気にならない。ビーフシチューとうめしだったのでうめしに持参したマヨネーズと醤油をかける。
もはや神の領域。

ご飯中、玉井さんが江部の銀マットの裏に書かれている文字を見て「これが推しメンかぁ」
に対し
・江部「渡辺みり愛です」
・石川さん「絢瀬絵里です」
(共に聞かれていないのに答えるあたりオタク)

19:45 天気報告。風がやばい(語彙力)

20:10 片付けも終わり、明日の支度をする。石川さん曰くこれまでで最高の山ごはんだったらしい。
玉井さん対へて曰く、しんさんとのカレーが1番(思い出補正は考えないとする。)

20:30 石川さんのスマホから「ブシモ!」の音が。ふさわしくないと思ったのか、自重。

20:40 早乙女、女子力アピールするも反応は皆無。実際どんなアピールをしたのか覚えてすらいない。

20:50 ぶり返す、石川vs.早乙女、どっちが変か。
…正直どっちでもいいけどCLは石川派なので早乙女が変だと思う(Q.E.D.)

21:00 就寝( ˘ω˘ ) スヤァ…

23:30 玉井さんの就寝アラームがなってしまい何人かが起きてしまう。→反省会。

5/6(土)

03:00 気象。アラームは
劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』挿入歌 より、
「Hello, 星を数えて」

03:20 モルゲンロートがとってもキレイ。ごはんを作り始める。朝ごはんはトマトリゾット。

04:10 飯食い終わる。

04:30 テントを撤去する。

05:22 山ノ家発(予定より22分延発)。

06:06 西のピークで1本とる。風は穏やか、ちょい暑いので手袋とネックウォーマーを脱ぐ。
06:21 発。江部のクッキーが粉々に化していたため、豚の飼料と罵られる。

06:40 平標山頂。石川さんはサプライズと言っていたものをザックから出す。「Love Live! Victory」と書かれた優勝旗を掲げて写真をパチリ。
江部もすかさず嫁の生写真(硬質スリーブ封入)を出す。とりあえず2人とも風が強くてオタクかましてるどころではなかった。帽子も飛んだがキャッチした。
06:48 千ノ倉山に向け出発。

7:50 千ノ倉山頂着
・早乙女「わぁすごい 山がいっぱい 見えたね」
(季語なし 字足らず 意味不明)
その横で三浦さんがカッコつける。
この部活カオス。
稜線の風よりはだいぶマシで、千ノ倉良き。
08:10 千ノ倉山出発。出発するのが遅すぎて若干寒い。

08:57 平標に戻ってくる。
09:11 発。江部、梅干しの包装を飛ばしたのを石川さんに見つかる、有罪。

09:56 松手山山頂前のピーク。関根と男の会話をする。(おしっこしながらだけどね)
そろそろ雪が出てきた。風がぬるくて少し暑い。
平標が遥か向こう側に見える中、ピッケルを持つ。
10:10 発。

11:08 1411m鉄塔。
早乙女、怪我をする。皮がちょっとむけた程度なので玉井さんが手当をする。ピッケルをしまう。
11:20 発。

12:20 下山。

12:45のバスに乗る、サヨナラ。
越後湯沢駅に着いたあと、江部と石川さんでトイレへ。レジのピッ音に文明を感じ笑みがこぼれる。

15:36 お風呂に入る。マジックミラーに男共、興奮する。特に三浦さん。

17:00 人参亭でごはん。


18:47 越後湯沢駅発。
22:08 内野着。疲れた。


■ 反省

◎江部…気配りの欠如、同格との相談不足
・バレーの突き指、無謀なルートファインディング、滑落。全体的に楽しかった、しばらくCLやりたくない。
◎関根…飯代が高い、分量を見ずに買ってしまった・ニット帽(ラッパー)、滑落停止が楽しかった。
早乙女…装点の時、天気図忘れた、ちゃんと予報できた・滑停うまく落ちれなかった。楽しかった。
◎三浦さん…時々周り見なかった、ペース配分もう少し気を配りたかった。雪のコースを探す時、目利きをレベルアップしたい。ドロップボックスで役職は見てたけど現地で実践力を上げたい。
初めて先頭歩いて、コース選択など考えることが多くて大変だけど、先頭は気持ちよかった。
◎玉井さん…遅刻。徹夜もダメ、現金持ってなかった。山行前、CLともっと話せばよかった。山行中CLにもう少し指示を任せればよかった、自分が指示を出しすぎた。医療の反省点はなし。2330の玉井セットリスト。楽しかった。
◎石川さん…装備として、夕食の人参をうまく切れた、成長した。久々の雪上幕営で、指示を円滑に出せなかった・個人としては、いつも通りの山行と感じれてよかった。アラームの選曲はとても良かった。ラブライブ優勝旗を持ってこれてよかった、次回から共同装備。

■CLからひとこと。
まず、山行から2ヶ月も経ってこの記録を書き留めており、もっと早く上げなければならなかった。
CLは仕事が多いがその分勉強にもなり、後に同格をやる時にCLにアドバイスも出来た。今後の山行で色々な役職をやると思うが、CL経験者として俯瞰的な視野で山行を行いたいと思う。
それから、個人的には山ごはんのレシピを充実させたい。乞うご期待。







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuwv.blog54.fc2.com/tb.php/184-c940aa11