五頭山 トレーニング山行

←ひとつ戻る



夏合宿の計画が続々告知され、各々参加したい山行に向けトレーニングを積んでいた7月末のこと。夏合宿の前に日帰り山行をして準備しようという話になり、突然この計画を立て、バタバタと山行当日を迎えた…。

■ 山域:五頭連峰(菱ヶ岳~五頭山)
■ 日程:2017年8月6日(日)
■ メンバー
CL:藤田  同格:玉井  SL:荒井  医療:岡  食当、装備:蒲澤  気象:三浦  渉外:下西

■ 行動記録

3:00 に新大西門集合しレンタカーで出発、のはずが玉井さん10分遅刻。上級生はもはやつっこまない。いつものことなんですね...。途中のコンビニ前でK君を拾う。車内はドライバーチョイスの楽しい音楽が流れるが、今朝(朝...なのか....?)は2:00起き、みんな眠そうだ。

4:40 菱ヶ岳登山口到着。駐車場はガラガラ、誰もいない。

4:51 体操して写真を撮る。この段階ですでにやり切った感がメンバーからあふれ出る。とにかく眠い。

5:01 出発。さすがは夏真っ盛りの8月上旬、早朝にもかかわらずそこまで涼しくなく、先行きが不安...(フラグ)。

5:29 381m付近の平坦な道で人が全くいないのを良いことに道のど真ん中で5分休憩。上級生が読図の方法を1年に教える。

6:03 5合目。コルっぽいところ。

6:29 K君鼻血を出してしまう。10分休んだところでおさまったので6:39出発。

7:07 急登でSさんがくらくらするということで5分休憩。Sさん「あつすぎる 嗚呼あつすぎる かえりたい」(季語:あつい)
本当に暑い。水がどんどんなくなっていく。メンバー全員2Lは持ってきているはずなのだがもうなくなりそうなメンバーが出てきたので、五頭山付近にある龍神清水で水をくむことに決定。7:12に出発。

先頭を歩くSLによるラストラスト詐欺(急登が何回かあり、どれが菱ヶ岳山頂直前の急登かわからず「たぶんこれ(=この登り)がラストだよ~」)が多発。
ナメクジが多い。

7:27 9合目。ここから先が本当の急登。地形図で見たとき等高線の間隔の狭さからきつそうだと予想はしていたものの、実際予想以上にものすごくて驚くばかり。今回は菱ヶ岳→五頭山という縦走コースを選んだが、逆は天気が良くないときやめた方が良いだろう。

7:38 菱ヶ岳山頂…だが見晴らし良くない。休憩中に岡さんと荒井さんが1年生に、コンパスを使って進行方向を見つける方法を教える。お二人、流派がそれぞれ違うようだ。7:54に出発。

Sさん、休憩中に起きたちょっとした残念な事故のために、買ったばかりのトレパンが本当に残念なことになっている。その話題でもちきり、一同爆笑。

8:15 菱ヶ岳後分岐

8:25 休憩をとる。8:30に出発。

稜線歩きではあるが樹林帯、他の山々もあまり見えず景色はあんまり。でも時々ひらけるところがあった。天気は最高。

8:54 Sさん熱中症の疑い、750m付近の登山道で休憩をとる。ただただ、暑い。9:07に出発。

9:33 龍神清水へ。登山道から5分下ったところで、分岐にちゃんと看板が立っている。水量が多く、ここで全員水をくむ。水がすごく冷たくて気持ちいい!

9:48 五頭山前分岐の前の登りでSさんの症状が悪化、目がちかちかするらしい…。クエン酸を与え、他のメンバーが仰いで風を送る。9:53に出発。

9:58 五頭山前分岐。話し合いの結果、なるべく早く下山しようということになり、五頭山頂に行くのはやめエスケープを決断。その際用いたのはPWのエスケープルートではなく、最短の行動時間で済む、赤安山分岐を通って菱ヶ岳登山口に下りるルート。

10:09 この山行で初めて360度見渡せるところに着いた(笑)地蔵と柱がへし折れていて無残な友情の鐘があり、そこで写真撮影。また、CLの希望で持ってきてもらったこんにゃくゼリーを食べた。10:21出発。

出発してすぐ一ノ峰。

10:38 三ノ峰。避難小屋あり。今日はあまりほかの登山者に出会っていない。3人くらいかな。少ない…。

地図にない分岐が多い。

11:05 8合目、赤安山分岐。10分休憩して11:15出発。

11:37 6合目分岐。

11:53 登山途中で10分休憩。みんなお疲れである。このコースは標高が低いからとなめてはならない。アップダウンがけっこうあり、まあ、なによりも暑さが問題だが…。12:03出発。

12:37 下山。アスファルトの道路が見えた瞬間歓声があがる。良いトレーニングに「は」なったと高評価(?)を得られCLそこそこ満足。

12:51 駐車場。岡さん「もういやだ 絶対二度と 登るまじ」
まじ、に強い意志を感じる。

その後、車で山麓にある五頭温泉郷へ。藤田、長風呂してしまいほかのメンバーを20~30分待たせてしまう。すみませんでした…。気持ちよかったですね。

合計行動時間 6時間19分

■ 反省

・藤田(CL)…事前の調べばっちり。けど山行中、同格と話し合わず独断がしばしば。6h睡眠とれない山行計画を立ててしまった。景色残念だったがトレーニングになったとみんなが言ってくれたので立ててよかった。
・玉井(同格)…山行中完璧。CLがいろいろ一人でやっていたのでもっと情報共有したかった。景色としてはあれだがトレーニングとしては最適。
・蒲澤(食当、装備)…食当は完璧。装備は今回仕事を手伝ってもらった。歩き方うまくできなかったのでうまくあるけるようになりたい。
・三浦(気象)…天気図かけていなかった。虫多くてやばかった。下向いて歩いてて頭を木にぶつけることしばしば。くつずれを言わなかった。
・荒井(SL)…ラストラスト詐欺。景色的に楽しくなかった。ちょっと歩くの速かった。
・岡(医療)…医療箱忘れ。山行中の対処は良かった。ナメクジ多すぎ。見れる景色なかった。
・下西(渉外)…熱中症っぽくなってしんどかった。医療に感謝。

■ CLからひとこと
 8月中の山行ということで、ひたすら暑さとの闘いをした山行でした。五頭山は下越を代表する山だと何かの本でよんで興味をもった未来の後輩へ、五頭山は夏以外の時季に登ることを個人的にお勧めします。
 でも、これで夏休み中の合宿はばっちりですね!(にっこり
 1年の夏の段階でCLをやらせていただき、反省点はありましたが良い経験になりました。これからも山行計画を立てていきます。お楽しみに。