スポンサーサイト

←ひとつ戻る


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス縦走(燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳)

←ひとつ戻る


〇山域 燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳(長野県松本市、安曇野市)
〇メンバー CL:小野寺、同格・医療:玉井、SL・気象:下西、装備:石川、食当:早乙女

9月23日(土)
5:24 全員遅刻することなく無事に内野駅で合流・出発
10:05 糸魚川の私鉄にてお金を払うのかもう払ってあるのかの不安で登山靴を忘れそうになる
12:45 穂高駅着 
     バスで行く予定だったが、タクシーのおっちゃんの提示した額がバスよりちょっと安かったためタクシーに乗ることに。
13:40 中房温泉着 
     若干寒いためレインウェアを羽織る。
     ちなみにテント場はすぐそばにあるが、水が飲料水なのかどうか怪しい湧き水チックなものを管理人から勧められる、
     しかもぬるい。
その後 とりあえずテントを立て、気象通報の時間まで辺りを散策
     近くを流れる川のあたりが温泉?のせいか熱い。
     地質科の血のせいか、ヒロムが温泉を掘り始める。人の頭が入るくらい堀り進めたところで気象通報の時間になった。
16:00 下西以外でご飯を作る。チゲ鍋(肉あり)が山(麓ではあるが)で食べられるなんて~~(*’ω’*) と感動しっぱなしだった。
夜   曇ったり晴れたりの繰り返し。明日は晴れとの予報、楽しみである。
     晴れたときの星はとてもきれいだった。
     外はわりと寒かったが、地熱のせいかテントでは暑かった。

9月24日(日)
3:30  起床 相変わらず星が綺麗である。
5:10  中房温泉 発
     記念写真を撮っていざ出発なりよ~~(暗いのでヘッデン点けて歩いた)
5:30  体温調節のため休憩、止まると寒い。
5:50  休憩 第一ベンチ
6:00  発
6:25  ロープウェイ交差点(第二ベンチ)
6:45  休憩
6:56  発
7:07  第三ベンチ
7:36  富士見ベンチ。休憩。
7:49  発
     富士見ベンチを過ぎるとだいぶ視界が開けてくる。
8:16  合戦小屋 着。だいぶ混んでいる。
     今年はこんな秋になっても名物のスイカの販売をしているらしい。
8:54  三角点 
     人が多く道が狭いため、だいぶ時間がかかる。
9:40  燕山荘 着
     ザックをデポって燕岳へ。(貴重品は身に付けた)
10:15 山頂 着
     岩とかが白くてビーチにいるような感覚になった。
     相変わらずの素晴らしい晴天である。山頂で稜線が一望できるなんて年に何回あるかどうかわからないくらい
     激アツだった。
10:25 発
10:45 燕山荘 着。
     ここのバッジとかTシャツはデザインがよくお勧め。
11:05 発
11:50 休憩。ここでは人がほとんどいなくて歩きやすかった。
12:00 発
12:12 大下り
12:48 2699手前? 休憩
13:00 発 みんなそろそろバテ始めた様子。
13:47 切さくリリーフ。ちょっと崖っぽい箇所あり。
13:53 分岐(燕岳、大天井岳、槍ヶ岳)
     CL、景色が良いため自撮りをするも皆に嘲笑される・・・
14:03 発
14:35 大天井 着。
    わりと天気が崩れてきて、周囲はガスってて何も見えないし寒いので
    山頂はカット。
    「もう無理だ 早くお家に 帰りたい」 by 下西
    ちなみにテント場代は700円。飲料水も料理用水もお金がかかるのがわりときついよなぁ北アルプス・・・
    最近クマが出たらしいので、夜はテントの前室にザックを入れた(凍結防止にもなった)
16:00 ご飯を作る。朝のリゾットのぶんも炊いちゃう。
    みんなのご指導の下、ヒロムがネギや玉ねぎを切れるようになりました(拍手)
    早乙女ちゃんも焼き鳥のたれを手作りしてくるこだわりよう、コック長江部にも対抗しうる頭角を見せてくれました。
    というか山でこんな家庭的な料理なんて食べたことないから感動その2だった。
17:45 ミーティング。明日も晴れらしい。すげえ。
20:00 就寝。星がかなりきれいで、流れ星も何個か見えたンゴよ。

9月25日(月)
3:30 起床
4:10 トマトリゾット完成。玉井さん私物のカルパスも入れさせてもらった。
    カルパスがいい味を出していて美味しかった。肉代わりにオススメ。
5:18 話し合いにより、大天井岳から日の出を見てから出発することに。
5:45 日の出!!まさに御来光。雲海も素晴らしく、周囲の峰々のモルゲンロートもさながら、雲海からちょこんと顔を出す
    富士山も見えました。うーん、圧巻。
6:13 大天井 発。
6:45 体温調節休憩。稜線が紅葉と青空で本当に綺麗。空中散歩みたい。
    「生贄に した甲斐あった? 南アルプス」 by 小野寺
6:52 発。
7:00 東天井岳のトラバース。氷が薔薇の花びらのようになっているやつ発見。
7:27 鞍部、休憩。
7:35 発
8:45 常念小屋 着。ここにくるまでの下りがちょっと暑くてキツイ。
     清掃で開いてないと看板にあったがなんとか入れた。
    正直だいぶ疲れて動けなくなってきたが、目の前に立ちふさがる常念岳の高いこと高いこと・・・。30分も休憩してしまった。
9:15 発
10:00 山頂手前で休憩。玉井さんからクエン酸をもらう人続出。
    足が動かない。これから蝶ヶ岳まで行くっていうのにこれはやばみ。
    下西が死にそう。
10:40 常念岳山頂 着。
    77歳?のおじいちゃんの昔話を聞く。昔の登山の後半は食料が腐りかけていて大変だったらしい。時代の進歩に感謝。
11:00 発
11:40 休憩 岩場の下りなので神経を使う。別のおじいちゃん登山者のオレンジの匂いがとても美味しそうだった。
11:55 発
12:38 休憩
12:50 発(この辺りは疲れすぎてあまり記録や記憶が残ってない・・・)
13:45 蝶槍手前の鞍部。休憩。途中の池にサンショウウオがわんさかいた。
     みんなほぼ無口になりかけ (笑)
14:00 発 最後の登りになるか・・・?
14:37 蝶槍 着、休憩
14:50 発
15:20 蝶ヶ岳ヒュッテ 着
    足が棒のようである。周りの草紅葉と北アルプスを一望できる眺めが最高のヒュッテである。来た甲斐あった~~
    蝶ヶ岳バッジを買って満足満足。
17:05 ヒュッテ内の自炊コーナー?でラーメンを作る。インスタントは山行で食べたことがないとメンバーに言われ驚いた。
     棒ラーメンの支配が終わる瞬間だった。(棒ラーメンもおいしくて好きではあるが)
その後 auのwi-fiがあった。普通に電波も入った。ほりでーゆの割引券がもらえる。夜の星はとても綺麗で、また流れ星を
     見ることが出来た。下界の住宅街では雷が鳴っているようで、雲がときおり光っていた。
     寒くて夜は何回も起きてしまい、あまりよく眠れなかった。

9月26日(火)
3:30 起床 靴やザックなど外に置いてたものが凍っていた。
5:38 日の出を見に行く。
5:46 出発
6:03 最終ベンチ
6:30 第二ベンチ 
6:47 休憩 場所が細い道しかなく、休憩場所に困った
7:00 発
7:35 まめうち平 着、休憩。いいペース。
7:45 発
8:26 1500 mくらいのとこ。ゴジさんの木がある。休憩。
8:40 発
9:03 三股登山口 着
9:10 発 駐車場へ向かう。
9:23 駐車場 着。途中サルが近くにたくさんおり、好奇心半分怖さ半分だった。
9:30 予定よりタクシーが早く来たので助かった。
    ちなみにタクシーは下山当日に予約することになる(早朝でも電話で予約できた)

    ほりでーゆは駐車場からタクシーで20分くらい。
11:53 穂高駅 着。ドライバーのおじいさんの孫への愛が伝わるほっこりエピソードを聞いて心が温まった。
14:40 穂高駅 発
21:24 新潟大学前駅 着

みなさんお疲れさまでした!
そしてCLはこれから夜行バスで東京ディズニーシーに行くのであった・・・

〇反省
CL:体力が無く後輩に荷物を持たせてしまった。指示はわりとできたように思う。
同格:完璧だった。ルートをもう少し調べておくべきだった。
SL:俺のペースにみんなついてこれたかな??
気象:俺のおかげで晴れたんやで(ドヤ顔)
医療:医療六年目、相変わらず完璧。個装をけっこう使ったので、もう少し持ってきてもよかった(共装でも)
食当:調味料の種類足りなかった。みんなの協力でごみを綺麗にまとめて持つことが出来た。
装備:ペグ2本失くしてしまった。毎回本数を確認すべき。

〇山の感想
全行程晴れていて、縦走歩きや紅葉、日の出、星空が素晴らしかった。
体力面で自信が付いた。

〇実際のコースタイム
9月24日
中房温泉=[1:00]=リフト交差=[1:25]=合戦小屋=[0:40]=燕山荘=[0:35]=燕岳山頂=[0:20]=燕山荘
=[1:00]=大下りの頭=[1:30]=切通岩=[0:50]=大天荘
                                                                        合計[8:00]

9月25日
大天荘=[0:35]=東天井岳=[1:25]=常念小屋=[1:05]=常念岳山頂=[1:10]=2512点=[1:45]=蝶槍
=[0:30]=蝶ヶ岳ヒュッテ 
                                                                        合計[6:30]

9月26日
蝶ヶ岳ヒュッテ=[1:35]=まめうち平=[1:03]=三股登山口=[0:15]=駐車場
                                                                        合計[2:55]

〇最後に
ワンゲルはテントにザックを入れる習慣がないですが、加えて外に荷物を散乱させてしまう傾向にあるようです。
明るいうちはいいですが暗いとその荷物で他のお客さんやメンバーが転んだり、物を失くしたりする可能性があるので
今後は気を付けてほしいです。
夜中にトイレなどで起きる場合は不便かもしれないですが、今回テントの前室にザックを置くことで
凍結防止・散乱防止・盗難防止(クマなどの生き物から)になったので、取り入れてもいいのではないかと思いました。        

また、今回の山行は体力的にかなり厳しいことを想定したうえで計画をたてました。
この行程で行うべきか判断に迷うところもありましたが、メンバーの状況などを見てイケると思い実行しました。
完遂できたのは本当にみんなの協力あってだと思っています。本当にありがとうございました。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。