二王子岳 新歓登山

←ひとつ戻る


■山域:二王子岳

■日程:2018年5月19日(土)

■メンバー:CL:菊田 同格:江部 SL:関根、早乙女 医療:下西、藤田 気象:宮澤 装備:長場、三浦、千島、岡田 食当:蒲澤、尾形 高階 渉外:石川、山本

■行動記録
 5月18日(金)
 山行前日、18日金曜から19日土曜にかけて新潟県で大雨の予報が発表されたため、山行を中止するか否か審査会が開かれる。結果、出発時間を遅らせた上で一王子小屋まで往復する計画に急遽変更する。下山後、二王子神社で祈祷をしてもらい、今後の山行の予習としてテント泊とご飯づくりをする、という予定で決定。タクシーの予約時間や電車の時間も変更する。
 5月19日(土)
08:21 内野発。先輩方が懸念していた一年生のパッキングにも問題はないようだ。
08:50 新潟駅にて乗り換え。駅が改装されたため、白新線への乗り換えに余裕がなかった。
09:20 長場先輩が合流。電車が遅延しているとのアナウンスが聞こえる。
09:40 新発田着。下越タクシーのジャンボタクシーと普通のタクシーに分かれて乗車。
10:20 二王子神社着。バイク組は先についていて宮司さんと話していた。雨のため祈祷の時間を変更してもらう。
11:18 読図の練習をする。
11:25 先発出発。
11:36 後発出発。以下は後発の記録となる。後発の写真を撮り忘れた。
11:50 何度か渡渉する。増水していて怖い。
12:00 1合目着。体温調整として10分ほど休憩。先発が落し物をしたらしい。毎年何かしら落としている。
12:14 雨が強くなったためレインウエアを着る。
13:00 一王子小屋着。小屋に入って休憩。みんな濡れ鼠で風邪ひきそう。何人かは水場に行く。水芭蕉が咲いていた。
13:33 後発下山開始。
14:30 下山、二王子神社着。

炊事場の屋根の下に荷物を置いて、このまま予定どおりテント泊して明日帰るか、タクシーを呼んでこのまま今日中に帰るか会議。予想以上に雨が弱まらず、全員濡れていて風邪をひきそうだったのでタクシーを呼んで帰ることに。

15:00 タクシーが来る前に祈祷をしてもらう。みんな足がキツそう。これできっと今年も晴れるね。
15:31 タクシーが来たのであやめの湯まで送ってもらう。各々お風呂に入ってあったまったところで反省会をした。
あやめの湯にて解散。新発田駅まで歩く。結構遠い。
18:22 新発田発。前の電車をタッチの差で逃してしまった。
19:42 新大前着。

■反省
CL:前日からイライラしまくってた。
同格:CLに任せた部分が多かった。
SL:周りをよく見れた。道が分かりやすくてよかった。
装備:反省なし。
食当:反省なし。忘れ物をしなくてよかった。
気象:反省なし。
医療:しっかりと体調を確認すべきだった。

■感想
・雨降ってて嫌だった。
・二王子で雨降ってるのはあり得ない。
・雨で物足りない。
・精神的にきつかった。
・これはこれで楽しかった。

■終わりに
 前日からの大雨による大幅な計画の変更など、イレギュラーな要素が多い山行だった。いろいろなことを決めなおす過程でイライラしてしまったことがCL個人としての一番の反省点である。また、反省点として、山行の実施を決定すべきCLと同格が前日の審査会で判断を審査会メンバーに委ねてしまうということがあったが、それはよろしくなかった。
 いろいろと物足りない山行になってしまったので、今後の山行は天候に恵まれることを祈ってやまない。