立山

←ひとつ戻る


 山域:立山(富山県立山町)
 日程:2018/7/14-16
 メンバー:CL下西・同格、装備荒井・SL、気象宮澤・医療三浦・食当山本
 山行記録
7/14(土)
いつもの始発の電車、見事な快晴である。普段の行いがいいのだろう。三浦は3時に起きてパッキングをする予定が5時に起きてしまい遅刻確定。しらゆき+新幹線で向かうらしい。
柏崎行きの車内で荒井と社会人になってからの話をする。4年生は悩みが多いのだ。
直江津からはえちごトキめき鉄道に乗り換え。一両編成のため満員である。社名のダサさも相まってすこし不満である。
泊での乗り換え時間にドラッグストアに駆け込み菓子パンとビールを買う。三浦にはまだ追いつかれていない。
滑川駅はあいの風とやま鉄道の駅は立派だが富山地鉄の駅は無人駅である。電鉄富山まで行けば室堂までの切符を買えるのでそちらにしたほうが良かったと後悔。100円位しか変わらないし。
寺田駅。ここで立山駅までの運賃を精算する。荒井はネコをみて異様なテンションになっている。ちょっと引く。駅舎で乗り換え待ちをしていると京阪電車がやってきた。どうやら富山は京都だったらしい。ここで三浦と合流。
立山駅。室堂までの切符を買う。観光地だけあってクレジットカードが使えるので運賃は実質無料である()。
ケーブルカーに乗り換え美女平へ。
バスは人が多くて2台目のバスに乗った。この時期は時刻表よりも多く運転されているようだ。道の脇にニッコウキスゲが沢山咲いていて目を楽しませてくれる。
室堂。人が多い。だが景色はまさに別天地。眼前に波濤のように連なる立山連峰が出迎える。tateyama1

14:30出発、15:13雷鳥沢キャンプ場着。三連休初日とあってテン場にはほとんど張る場所が残されていなかった。なんとかV6が張れそうな場所を見つける。V8なら雪の上に張らざるを得なかっただろう。
夕食を作る。食当は気合が入っていて三食の75%くらいの旨さの野菜炒めができる。
20時就寝。

15日(日)
3:00 起床。快晴。頭上には天の川。雷鳥坂上部や一ノ越~雄山にヘッドランプの明かりが見える。もう行動している夜行性の登山者がいた。前世はコウモリとかなんだろう。tateyama3

朝食は定番と化したチーズリゾット。今日はサブザック行動なので、パッキングも時間がかからなくていい。
4:20 出発。途中で雷鳥荘に泊まっていた3-40人くらいの団体に追いつき渋滞に巻き込まれる。
CLがカメラを地面に落とし液晶をバキバキに割ってしまう。
5:10 室堂着。玉殿の湧水でポリタンを満タンにする。新潟の水道水よりもうまい水が無料で無限に手に入る。
5:25 出発。茶色い鳥を見かけて雷鳥ではないかと目を凝らす。ビュンビュンと飛んでいたしピヨピヨと啼いていたので雷鳥ではない鳥だろう。
一ノ越までいくつか雪渓をトラバースするが、ステップができておりアイゼンは必要ない。
6:10 一ノ越着。休憩。稜線に上がってきたのでいきなり風が強くなる。槍穂高がはっきりと見える。
6:20 出発。ガレた登り。落石に注意しながら登っていく。
7:05 雄山山頂。神社で祈祷を受ける。晴天スキルにバフがかかる。tateyama5

7:40 出発。
8:01 大汝山通過。
8:17 富士ノ折立通過。
8:49 富士ノ折立・真砂岳間の最低鞍部。休憩。振り返ると富士ノ折立への猛烈な登りが見える。ちょっと燕岳っぽい。
9:03 出発。先程の岩稜歩きとはうって変わってなだらかな稜線歩きに。tateyama6

9:18 真砂岳通過。
9:44 2750m地点通過。
9:53 別山下トラバース分岐。休憩。この山域はほぼ全域で電波が通じるのでみんなスマホをいじっている。
10:05 出発。
10:17 別山。剱岳が眼前に現れる。均整の取れた山頂付近の二等辺三角形から伸びる鋸の刃のような稜線と,雪と氷に削られた荒々しい岩壁に圧倒されるばかりだ。tateyama7

10:46 剱御前小舎。休憩。ここにいるのは剱岳に向かう人ばかりなので多少の居心地の悪さを感じる。
11:15 出発。ここからは下るのみである。CLが盛大にコケる。
12:05 休憩。太陽が上ってきたのと、標高が下がってきたので暑くなってくる。
12:15 出発。雷鳥坂下部の雪渓は気温が上がって、かなり雪が緩んでいたのでキックステップで楽々と下る。tateyama8

12:33 テン場着。
17時ごろまでダラダラして飯を作る。今後の部の行く末について大いに語らい合う。
20時就寝。

16日(月)
4:45起床。昨日の昼過ぎからCLは腹の調子がおかしい。朝食は棒ラーメン。スープにとろみがあってあんかけ麺みたい。テント撤収。
6:20 出発。雷鳥の親子に遭遇。DSC04962.jpg
みくりが池に薄く靄がかかって幻想的。DSC04958.jpg

7:10 室堂着。始発のバスまで売店に寄って時間を潰す。各自思い思いのものを買っていた。
8:20 バスに乗る。
9:30 立山駅。ケーブルカーにあれだけいた人がほとんどいない。多くの人は自家用車で来ているようだ。9:51発。
10:18 岩峅寺駅。室堂との温度差に辟易する。10:50発。
11:16 不二越駅。風呂に行くため下車。今回の温泉は駅の隣にあってアクセスが抜群だ。12:12発。
12:17 電鉄富山。ザックをデポって駅付近の海鮮系の店へ。海鮮丼や寿司を食う。14:06発。
14:54 泊駅。14:56発。
16:30 直江津駅。時間があるので途中下車。なぜか三浦が改札から出てこない。虚ろな目でこちらを見ている。どうやらICカードで入場してしまったため精算しなければならないが、現金の持ち合わせがないらしい。3000円貸す。17:27発。
18:18 柏崎駅。ここまで来ると帰ってきた!感がある。18:38発。吉田で乗り換える。
20:30 内野駅。おつかれさん!!

 反省
食当:料理がうまくできてよかった。地図をもっと読めるようになりたい。剱岳に登りたくなった。
装備:テントの張り方を覚えていなかった。
SL:ルートファインディングがうまくできなかった。
気象:なし
医療:体調確認を忘れることがあった。
同格:仕事をなにもしなかった。
CL:全部自分でやってしまった。休憩取りすぎた。
 実際のコースタイム
雷鳥沢キャンプ場-[0:50]-室堂-[0:45]-一ノ越-[0:45]-雄山-[0:21]-大汝山-[1:03]-真砂岳-[0:47]-別山-[0:29]-剱御前小舎-[1:08]-雷鳥沢キャンプ場 計[6:08]
 山行を終えて
ワンゲルは久しく立山に登っていなかったが、今回の山行で立山は全くと言っていいほど危険箇所が存在せず、なおかつ容易に3000m峰に立てるという新入生の初めての北アルプスにはうってつけの山域であることがわかった。コースタイム的にも1泊2日もなんとか可能な山域であることもわかった。少し値は張るが、行く価値は十分にある山である。