火打山・春合宿

←ひとつ戻る


山域 火打山
日時 6/23(土) ~6/24(日)
メンバー 先発班: ・CL 小平 ・SL 菊田 ・装備 高階&山本 ・食当 岡田 ・気象 蒲
             澤 ・医療 江部 ・渉外 高野&石川
後発班: ・同格 下西 ・SL 三浦 ・装備 阿部駿 ・食当 千島&本間 ・気象
       瀬田川 ・医療 藤田 ・渉外 早乙女
■行動記録
6月23日(土)晴れ
0430 部室前集合。山本君が来ない!章生さん(当初参加予定)が高熱でダウン!車は出してい
     ただけるようだが山には行けないとのこと(お大事に&ありがたや~)。初夏の晴天と裏
     腹に、小平の心に暗雲が立ち込めた。
0500 部室前出発。当初の予定通りに出発することができた。山本君は何とか間に合った。ゆえ
     に遅刻者なし。
0615 米山SA到着(15分休憩)個々鋭気を養う。工学徒であるCL例のごとくRe● Bul●で鋭気
     を養った。魔材は役に立たない。
0630 米山SA出発

 蒲澤車車中、高速道路上より頸城三山を拝む。初CLである小平には頸城三山がヒマラヤ山脈に
 見えた。地形図を確認し、気を引き締めるが車酔いが邪魔をする。やはり前日に酔い止めを買
 っておくべきだった。以降、気を付けよう。

0750 笹ヶ峰登山口到着。予定では0800出発だったが間に合わない。出発を30分遅らせて対応。
     各自の準備、体操などを終わらせ0830先発班出発。
0900 体温調節休憩。高階さんのハイドレーションに不具合が生じる。行動前の事前確認は大事
     だと改めて感じた。岡田君のザックは重そうだ。彼はワンゲルにおいて食当がどういう役
     職かを身をもって学んだに違いない。0910出発。
0935 黒沢橋。十二曲が目前なので小休止。予定では登山口からここまで休憩時間を加味せずに
     50分、少し遅れ気味のようだ。十二曲でペースを上げるのはまず無理だろう。少し様子
     を見る。0945出発。
1020 十二曲終点。黒沢橋から1時間の予定だったが巻き返したようだ。次の休憩場所を探しつ
     つ前進。

 途中二回ほど高野さんが驚愕していた。山行から一か月半ほど経過した8月6日にこのブログを書
 いているが、なぜ驚愕していたのかはよく覚えていない。高野さんの驚愕に加え、後方から団体
 の声が聞こえる。後発班だろうか?

1040 休憩。乙見湖と北アルプスが見える。夏季休業にはどこか縦走に行きたいなどぼんやり
     と考えていた。1050出発。
1105 インシデント発生!足と腹筋を攣った江部さんは満身創痍。クエン酸などの摂取、荷物の
     分配を行い再出発。
1150 富士見平分岐前で休憩。植生が変わり、残雪も出現し始めた。少しうれしい。1200出
     発。
1210 富士見平分岐到着。出発が遅れた割にはいいペースだ。
1245 休憩。高野さんクエン酸摂取。1255出発。
1315 テン場(高谷池ヒュッテ)到着。記録によると小平は●ed ●ullを摂取したことになってい
     るが、記憶にはない。工学徒にとってエナジードリンクは水と同じであるのでしょうがな
     い。
1345 テントを張り始める。雪上幕営なのでスコップを使うが、絶対数が足りない。まぁ人数が
     人数なのでしょうがない面もある。(このとき、数にして17人。2パーティーに分けても
     多い...)スコップは金属製で、手袋をはめて使うことが望ましい。数人にそのことを指示
     する。
1355 雨がぱらつき始める。テントの設営を急ごう。同格の下西さんと相談して今日、明日の行
     動を決定。滑落停止訓練に適した場所を探すために斥候を出す。適切な場所が見つかった
     ため、メンバーに今後の予定を告知。1530にテン場近くの斜面に移動。気象通報があるの
     で蒲澤を置いていく。許せ蒲澤!
1540 斜面着。小平は、疲れからか不幸にも頭痛を発症。滑落停止訓練はあまり乗り気でなかっ
     たが促されるままに一回転ひねり滑落停止を披露。オリンピック種目で滑落停止があった
     ら代表入りは間違いないだろう。
1640 テン場に戻る。CLがトイレに行っている間に同格の下西さんがあらかた連絡してくれてい
     た。感謝感謝。そろそろ食事の準備に取り掛かる。
1800 夕食(味噌豚丼)人畜有害マーガリンの代わりに大正義ラードを使ってペミカンを作った
     のでおいしい。疲れからあまり食欲がなかっが何とか食べきった。江部さんから頭痛薬を
     もらい就寝。

6月24日(日)晴れ
0200 起床。R●d B●llを摂取しトイレに向かう星空がきれいだ。下界では確認できない小さな
     星まで見える。山の醍醐味の一つだろう。この星空を見るたびにワンゲルに入ってよかっ
     たと思う。なお8月6日現在、小平が山行で星空を見たのはこの一回限りである。
0300 朝食。安定のうめし。だがこれがいい。
0300 テント撤収開始。ピストンのためV4にいらないものを突っ込む。0350撤収完了。
0430 先発のCLと後発の同格を交代し、後発班出発。これで後発に先発が追いつかれるといいう
     事態を回避したい。
0445 天狗の庭通過。逆火打がきれいだ。加えて、昨日の雨が嘘のような晴天だ。
0455 休憩。やはり先発班に追い付いてしまう。これはメンバー分けの段階で失敗していた可能
     性が高い。以降、気を付けたい。

 やはり僕はあまり朝に強くない人間のようだ。加えて、気の緩みが生じていたのかCLノートには
 天狗の庭から山頂まで何時休憩を行い何時出発したかのみが書かれていた。一か月半も前のこと
 を思い出そうとしてもなかなか思い出せない。これを教訓に次回から山行記録はもう少し早めに
 取り掛かるようにしよう。あと、もう少し早起きに慣れておこう...

0455~0505 休憩
0600~0610 休憩

 標高が上がるにつれ気温が下がっていく。日本海からの海風が直接当たるので、実際の気温よりも
 遥かに寒く感じる。しかし、そんなことは眼下に広がる雲海や高山植物、そして何よりも目前に迫
 った火打山山頂の前には些細な問題でしかない。

0640 登頂。空は雲に覆われていたが非常に見晴らしがいい。どうやら過去の火打山行の中でも
     トップクラスの見晴らしのよさらしい。集合写真を撮り、個々思い思いに山頂を満喫す
     る。山頂はとても寒く20分ほどで下山する。0700下山開始。
0755 休憩。厚さを感じる。先ほどの雲はどこかに行ったようだ。8時を回ると一般登山客も山頂
     を目指し行動し始める。数パーティーとすれ違った。0805出発。
0815 天狗の庭通過。上空を県警のヘリが東方に向かっていく。
0835 テン場着。2本持ってきたRe● ●ullの最後の一本を開ける。V4を撤収し各自パッキングを
     行う。ここから先、水洗トイレなどという文明の利器は登山口までないのでトイレも今の
     うちに済ませていくように指示を出す。0920出発。CLと同格を入れ替えても何も変わ
     らなかったので編成は初期のものへ、以降はSLを1年生に交代で担当させる。

 ん?僕が持ってきた●ed Bu●lは2本だけのはずだが記録によると3本摂取していることになる。
 やはり山は不思議なところだ。

1015 富士見平分岐着。休憩。1年生のSL交代要領について説明しあぐねるがロケット鉛筆を引
     き合いに出しこれを克服。1025出発。
1105 十二曲終点。少し休憩のち再出発。
1203 黒沢橋。読図の練習も含めて休憩。黒沢の清流が疲れを癒す。1225出発。

1300 笹ヶ峰登山口到着黒沢橋からたったの35分だが、1時間程歩いた気がした。途中インシデン
     トなど発生したが全員無事に降りる事が出来てよかった。皆さんお疲れさまでした_(._.)_

■反省
 CL   パーティー分けをもう少し工夫すべきだった。
 同格  人数が多く、指示を通すことが出来なかった。
 SL   ペース配分をもう少し気にするべきだった。
 医療  体調を聞くのを忘れた。けが人が出なくてよかった。
 気象  前日にしっかりと天気図を書くべきだった。
 装備  役職をあまり把握しておらず、指示が出せなかった。
 食当  調味料を忘れてしまった。油マシマシになってしまった。
■感想
 ・棒ラーメンのリベンジをしたかった。
 ・シュラフで寝れるようになって良かった。
 ・体重を減らしたい。
 ・また行きたいetc...
■最後に
 この春合宿に参加してくれた多くのメンバーにこの場を借りて感謝申し上げたい。初CLで至らぬと
ころもあったかもしれないが、今後CLとして、山行計画を立てるときに今回の経験を生かしていきた
いと思う。
 さて、多くの1年生にとって、本格的な登山はこれが初めてであったと思う。そして、この山行は天
候にも恵まれ、登山の陽成分が凝縮された山行であったと振り返る。これを機に、多くの1年生が山
の楽しさに目覚め、今後催される多くの山行を通じ、仲間との交流を深め、自分をさらに高めてくれ
ることを望む。いつしか時が流れ、ふと大学生活を振り返り、そのワンシーンにワンダーフォーゲル
部としての活動が刻まれていたならば、CL冥利に尽きるという物だろう。