守門岳

←ひとつ戻る


【期日】2009年 6/20(土)-6/21(日)

【山域】守門岳

【メンバー】CL・食当/花崎 陽  SL/大原 元輝  装備・気象/手塚 雄大  同格・医療/鈴木 英司

【行程】

6/20(土)


10:30 珍しく全員が内野、問題なく集合。曇り。山脇を忘れる(うそ)。

    メンバーは悲しいほど高齢、久々のCLだし不安だ。

12:30 長岡乗換え、蒸し暑い。乗り換え後、車内で飯を食う。大原が冷蔵のハムを貪っている、新しい。

13:20 小出で只見線に乗り換える。途中、地図を確認すると二種類ある地図のひとつを二枚もっていることに気づく、やべえ・・・。とりあえず鈴木さんに地図を借りる、只見線の駅にコピー機があることを祈りつつ、到着を待つ。

13:50 上条駅着。強い日差し、暑い。駅前にあったGSと小さな商店を訪ねると意外にもありました!キテマス!!

13:55 早めに来たタクシーに乗る。3640円也。駅から離れるとほとんど電波ははいらない(au)。

14:20 キャンプ場着。本当は登山届けだけ出して登山口まで行く予定だったが、時間があるので歩くことにする。今回100均で買った麦わら帽子を見せびらかそうとしたら、手塚に先を越される。ちくしょー。他にパーティーが2-3組いた、車も10台近くある。

14:50 登山口着、少し休む。道はそこまで悪くなさそう。

15:25 保久礼小屋着。

15:55 テント設営完了。小屋は泊まれなくはないが、炭のにおいがすごい、外に張る。トイレはまずまずきれい。水場は出ていない。テントは幾つでも張れそう。あとauならバリバリ電波入る。後からついたパーティーが小屋に泊まっていた。

16:05 雲が少し出てきた、近くの河原で少し遊ぶ。

17:00 外で飯作って食う。みんなカップめん。軽く宴会。

19:00 就寝。俺は21時頃一度起き、外で寝始める。手塚も続く。・・・が数時間後、雨に降られ中に入る。(またこの時外で寝たことを二人は後に後悔することになる。)

6/21(日)


3:00  起床。曇り。皆はあまり寝れなかったらしい、俺はぐっすりでした。

3:10  朝飯食う、鈴木さんと手塚はカップめん。撤収前に雨が降り始める。

3:50  撤収開始、雨だんだん強くなる。

4:20  出発。雨強し。しばらく階段が続く、ぬかるみも多い。

4:55  キビタキ清水で休憩①。水は出ているが雨水なのか判断できない。小屋は見てない。

5:45  展望の良い開けた場所で休憩②。1250mと看板に書いてある。雨やや小降りになる。虫うざい。

6:35  大岳スルー。稜線は広く気持ちがいい・・・はずである雨が降ってなければ。

6:50  休憩③鞍部手前。強い雨。行動食のゼリーを食う。

7:25  二口分岐スルー。

7:45  青雲岳スルー。木道が快適。雨がやや小降りに、景色が良くなる。

8:00  守門手前、手塚の目に虫が入ったらしく痛むらしい。少し休み、水で流す。雨は殆ど止む。浅草岳等が見える。

8:10  守門岳着。虫がうるさいが、晴れる。360°山が見え、角田弥彦、うっすらと佐渡が見える。

8:30  発。雨少しぱらつく。所々左側が切れており、どろどろで滑りやすく危険。鈴木さんが3回程盛大にこける。

9:15  休憩⑤分岐前の尾根が広がっているあたり。au三本はいる。大原方面に下りる際はここでタクシーを呼んでもいいかも。

9:25  出発後すぐに雪渓にぶつかる。結構大きく硬いため少々難儀する。

9:40  三の芝スルー。やや荒れているが思ったほどではない。

10:05 おそらく藤平山スルー。看板等なし。

10:15 休憩⑥

10:25 発。このあたりから道の荒れが本気を出す。1000m位から何度となく沢の上を歩くことになる。すべるすべる、かなり危ない。沢がない場所も赤土でかなりすべる、

11:15 休憩⑦急下降手前850mあたり。

11:25 発。急降下、転倒者続出、危険。分岐~大池も危険こそないものの草が生い茂っている。

12:20 登山口着。晴れ、紫外線がきつい。今朝の雨は何だったんだ!?電波意外にも入るが、時間があるのでロードする。

12:40 カッパ干したり、サンダルに履き替えたりして出発。かなり暑い体を焼きながら歩く。

13:25 鈴木さんがサンダルで靴擦れしたらしい、処置してやや休憩。

14:40 駅着。駅前の温泉に入り軽く飯を食う。この辺りはかなり蚊が多いのか刺されまくる。特に昨夜外で寝た二人は累積しているのか、誘引する何かでも入れられたのか集中的に刺されまくる。かゆいかゆい。(これを書いてる時も掻いてる。ムヒ効かねえ!)

17:10 電車にて帰宅。

山の感想


高齢者のみの山ということで、好き勝手できた。天気も道も変化に富んでいてすばらしかった。久々の荒天は堪えたが、山頂では晴れ、下山後は乾かす機会が得られたことは人徳によるものなのではないでしょうか?

・登山届け
キャンプ場に提出、保久礼小屋にもあった。